国際協力学生団体「結」

■団体概要
2008年に発足した、北海道札幌市を中心として国際協力をテーマに活動する学生団体である。 現在31名の学生(学部1年11名、学部2年8名、学部3年11名、留学生1名)で構成されており、 主に北海道大学の学生を中心に、武蔵女子短期大学、藤女子大学、北星学園大学、札幌国際大学の学生が在籍している。
■団体理念
『世界の人々【You】と自分【I】の関係を築く』  この『You&I』を中心として、学生として気づき【Notice】、感じ【Feel】、考え【Think】、 行動する【Act】、という理念を持ち私たちは活動を行う。
■活動内容
毎週月曜日に主に札幌エルプラザ(北海道札幌市北区北8条西3丁目)で開かれる全体会において、 メンバーが興味を持った話題に関してプレゼンを行う勉強会や、活動についての議論を行なっている。 札幌市内、近郊の中学高校に訪問し「貿易ゲーム」「100人村ゲーム」などを行う出前授業、 文房具回収を通じてネパールのサクー村への支援を行う「サクー村支援プロジェクト」、 国際協力関係イベントへの参加、長期休みにおけるスタディーツアーとその報告イベントの開催等が主な活動内容である。 様々な他団体、個人との協力を通し、枠に捉われない広範な活動を行なっている。
代表:北海道大学工学部2年 大谷 高史(おおたに たかふみ)
E-mail:yui.international.cooperation@gmail.com(団体使用メール)

 国際協力は大きく2つに分けることができます。1つは自立を促す国際協力で、もう1つはその場しのぎの国際協力です。前者は発展途上国が先進国の援助を必要としない段階まで自立するために我々先進国がサポートしていく国際協力です。私は国際協力の本質はここにあると考えており、世界の主流の国際協力も自立を促すものに変わってきています。しかしその場しのぎの国際協力が全く必要がないわけではなく、現に今この瞬間にも世界の子供達が餓死で死んでいるのも事実です。その場しのぎで食べ物や水を与える国際協力は根本的な解決にはなりませんが、その瞬間の命は救うことができます。私たちは大学生であり、現地に何年も滞在して自立を促す国際協力を行うことは現実的ではないと考えました。そのため、私たちは大学生らしいその場しのぎの国際協力を行いたいと考えています。その場しのぎの国際協力と聞くと一見聞こえは悪いですが、その瞬間「楽しい!!」「幸せ!!」「嬉しい!!」と思ってもらえたら私は満足です。自立を促す国際協力は、社会に出た時に行いたいと思っています。私たちは今、ネパールのサクー村支援プロジェクトを行なっています。一昨年、「結」の2つ上の代がネパールのサクー村を訪れた時に、明らかに文房具が不足していると教えてもらいました。そこで私たちは札幌市内の中学校や高校を訪問し、不要な文房具回収を行いました。これらを私たち「結」のメンバーで直接現地に持って行きます。ニーズに沿う国際協力をしなければ意味がないと考えており、私たちはスタディツアーで文房具の寄付を行うと同時にニーズ調査を行い、調査後に再度現地へ行き、ニーズに沿った国際協力を行います。私たちの活動で世界の誰かが笑顔になってもらえたらいいなと思っています。

国際協力学生団体「結」 代表
北海道大学工学部2年 大谷 高史 (おおたに たかふみ)

Coming Soon

Coming Soon

Coming Soon




















inserted by FC2 system